Presentation is loading. Please wait.

Presentation is loading. Please wait.

稲垣貴彦 *・*** 、田中恒彦 ** 、丸川里美 *** 、栗原愛 *** 、眞田陸 **** 、 藤井勇佑 *** 、中村英樹 **** 、栗山健一 *** 、山田尚登 *** * 滋賀県立精神医療センター ** 新潟大学教育学部 *** 滋賀医科大学精神医学講座 **** 長浜赤十字病院精神科.

Similar presentations


Presentation on theme: "稲垣貴彦 *・*** 、田中恒彦 ** 、丸川里美 *** 、栗原愛 *** 、眞田陸 **** 、 藤井勇佑 *** 、中村英樹 **** 、栗山健一 *** 、山田尚登 *** * 滋賀県立精神医療センター ** 新潟大学教育学部 *** 滋賀医科大学精神医学講座 **** 長浜赤十字病院精神科."— Presentation transcript:

1 稲垣貴彦 *・*** 、田中恒彦 ** 、丸川里美 *** 、栗原愛 *** 、眞田陸 **** 、 藤井勇佑 *** 、中村英樹 **** 、栗山健一 *** 、山田尚登 *** * 滋賀県立精神医療センター ** 新潟大学教育学部 *** 滋賀医科大学精神医学講座 **** 長浜赤十字病院精神科 2016.6.4 第 112 回日本精神神経学会学術総会 at 幕張メッセ

2   演者は以下の団体から資金提供を受けている。  滋賀県(寄附講座所属・本研究期間中)  大塚製薬(奨学寄附・本研究終了後)  本研究と直接関係は無いが、 演者は以下の団体からの資金提供を受けている。  塩野義製薬(受託研究)  JA 共済(研究助成)  滋賀医学国際協力会(研究助成) 利益相反

3   急性期を離脱した統合失調症の患者に対しては、通常 我々は維持療法を行う。抗精神病薬の継続は再発予防に 有効である( Leucht, 2012 )  しかし、維持療法の目的は再発予防だけではなく、個人 の人生における目標の達成であったり、社会参加など、 多岐にわたる。  他の薬剤からアリピプラゾール( ARP )への変薬により、 患者や家族には ARP が前薬より効果的に感じられ、実際 に QOL を向上させることが知られている( Wolf, 2007 、 Taylor, 2008 )。  一方で、 PANSS の総合得点では ARP は他の薬剤と差を認 めず( Leucht 、 2013 )何が QOL を改善させ、満足度を高 めているのかについては知見に乏しい。 はじめに

4   他の抗精神病薬から ARP に変薬したときの症状変化 をより詳細に追跡することで、患者自身の満足度の 改善に寄与する因子が何であるのかを明らかにする。 目的

5   前向きケースシリーズスタディ  対象:就学就労をしていない成年統合失調症患者 ただし、 3 ヶ月以内に変薬があった者を除く  期間: 2010.5~2014.7  本研究は滋賀医科大学及び長浜赤十字病院の 倫理委員会の承認を得ている。 方法

6  30W26W10W6W2W0W ARP12mg の加薬 ARP18mg への増量 ARP30mg への増量 前薬の 漸減開始 前薬の 終了 最終評価 方法 2 鎮静が強い場合は 前薬の減量を行う 鎮静が強い場合は ARP12mg まで減量を検討する 0 W と2 W 、 30W に、 QLS, PANSS, SWNS, SDSS, DIEPSS を評価する

7   20 名から同意取得を行い、 13 名がプロトコールを完遂した。  ドロップアウト 7 名のプロファイル  2 人が初回アセスメントの前に同意撤回  薬物変更による症状悪化を懸念  1 人が処方変更のプロトコルに従わずに自己変薬  鎮静が強いことを理由に 2 週を待たず前薬を自己中断  1 人が陽性症状悪化のために途中終了⇒前薬へ復帰し速やかに回復  3 人がアカシジアのために途中終了 ⇒前薬へ復帰で速やかに回復  完遂 13 名のプロファイル  性別:男性 8 名、女性 5 名  年齢:中央値 28.0 歳( 20.0-57.0 )  前薬のプロファイル  多剤 4 例、リスペリドン 4 例、オランザピン 3 例、 クエチアピン 1 例、クロルプロマジン 1 例 結果

8  増悪群 ( 精神症状及び副作用 ) と完遂群の比較 Mann-Whitney U 検定 : U=7.0 p { "@context": "http://schema.org", "@type": "ImageObject", "contentUrl": "http://images.slidesplayer.net/39/11018408/slides/slide_8.jpg", "name": " 増悪群 ( 精神症状及び副作用 ) と完遂群の比較 Mann-Whitney U 検定 : U=7.0 p

9  完遂群の抗精神病薬投与量の変化 中央値 500 ( 95 % CI 100-3025 ) 中央値 525 ( 95 % CI 300-750 ) N=13 Wilcoxon 検定 : T=13.5, NS

10  QLS- 対人関係と社会的ネットワーク尺度の変化 N=13 Friedman 検定 : χ 2 r =7.9, p=0.02 統計解析には Stat Flex Ver. 6.0 を用いている * Dunn 検定 *:p<0.05 開始時と 30W 後の比較: Wilcoxon 検定 ES=0.70

11  QLS- 精神内界の基礎尺度の変化 N=13 Friedman 検定 : χ 2 r =16.0, p=0.0003 統計解析には Stat Flex Ver. 6.0 を用いている ** Dunn 検定 **:p<0.01 開始時と 30W 後の比較: Wilcoxon 検定 ES=0.83

12  QLS- 他の尺度の変化 N=13 Friedman 検定 : χ 2 r =4.6, NS 仕事・学校・家事などの役割遂行 一般的所持品と活動 N=13 Friedman 検定 : χ 2 r =0.41, NS 統計解析には Stat Flex Ver. 6.0 を用いている

13  PANSS- 陽性症状尺度の変化 N=13 Friedman 検定 : χ 2 r =3.5, NS 統計解析には Stat Flex Ver. 6.0 を用いている

14  PANSS- 陰性症状尺度の変化 N=13 Friedman 検定 : χ 2 r =20.5, p<0.0001 統計解析には Stat Flex Ver. 6.0 を用いている ** **: Dunn 検定 p<0.01 開始時と 30W 後の比較: Wilcoxon 検定 ES=0.88

15  PANSS- 総合精神病理尺度の変化 N=13 Friedman 検定 : χ 2 r =16.8, p=0.0002 統計解析には Stat Flex Ver. 6.0 を用いている * ** Dunn 検定 **:p<0.01 *:p<0.05 開始時と 30W 後の比較: Wilcoxon 検定 ES=0.81

16  SWNS 、 SDSS 、 DIEPSS の変化 N=13 Friedman 検定 : χ 2 r =3.9, NS SWNS SDSS N=13 Friedman 検定 : χ 2 r =1.7, NS 統計解析には Stat Flex Ver. 6.0 を用いている DIEPSS N=13 Friedman 検定 : χ 2 r =4.8, NS

17  変数の変化量の相関 統計解析には Stat Flex Ver. 6.0 を用いている いずれの変数間にも有意な相関を認めなかった Rs=0.21 Rs=-0.26 Rs=-0.51 Rs=0.05Rs=-0.41 Rs=0.52

18   ARP への変薬は以下の要素を介して 治療満足度の向上に貢献していると推測された。  ①対人関係の改善  ②陰性症状  ③抑うつ・不安等の精神病症状以外の精神症状  回復期の治療においては再発防止のみならず、これらの要素を 改善あるいは低下させない工夫が必要である。  ARP への変薬は有効な手段の一つであるが。。。。  急性期を乗り越えた患者にとって変薬による症状悪化の不安は、 当初予想していたよりも大きかった。  4 年を超える募集期間内に、研究参加の同意は 20 名からしか得 られず、うち 2 名は変薬への不安を理由に同意撤回している。  実際 4 名は副作用を含む症状悪化を理由に中断した。 (前薬の復元で速やかに改善はしたものの)  特に元来対人関係が比較的保たれ、コミュニティの中での役割 を遂行できている例では変薬は不適切である。 考察

19   社会機能改善や精神病症状以外の精神症状に対して 有効な非薬物的治療(家族心理教育、 SST や CBT な ど)の併用を積極的に検討するべきであろう。  鎮静効果の少ない ARP などの薬物の使用を、まず急 性期から検討することも重要ではないかと考える。  対人関係が保たれていない例については、維持期に おいて ARP への変薬を積極的に検討するべきかも知 れない。  その場合はリスクとベネフィットについて、患者や家 族と綿密に意思疎通( Shared Decision Making )を図 るべきであろう。 回復期患者の更なる改善にむけて

20  ご静聴ありがとうございました kerosuke3@gmail.com


Download ppt "稲垣貴彦 *・*** 、田中恒彦 ** 、丸川里美 *** 、栗原愛 *** 、眞田陸 **** 、 藤井勇佑 *** 、中村英樹 **** 、栗山健一 *** 、山田尚登 *** * 滋賀県立精神医療センター ** 新潟大学教育学部 *** 滋賀医科大学精神医学講座 **** 長浜赤十字病院精神科."

Similar presentations


Ads by Google